【corin創刊】岡崎の中心街を発信する、エリア限定ガイドブック誕生!!

BestMe_20160816134848

「まちへ来りん(おいで)」という、まちのみんなの思いを込めて、『おトクにあそぶまちガイドcorin』が、今年の8月15日に創刊されました。

まち歩き特化型のクーポン付きフリーガイドブックということで、何度もまちに来てお得に遊べる仕掛けが、1冊の中にギュッと詰まっています。

表紙を飾るのは、ガイドブックに友情出演中の〝こりんちゃん″。

こりんちゃん挿絵01

こりんちゃんは、「ステキなお店」を見つけたり、「おもしろいイベント」をのぞいたりと、まち中でちょっとした楽しみを見つけるのが大好きな女の子。2階のソファ席から街を眺めるのんびりした時間や、頼んだデザートがオシャレな器に入っていると喜んでしまう、ハッピーの沸点が非常~に低いのが特徴です^^

ただ1つ、どうしても苦手なことが・・・。

それは、まちの情報を集めること。

「一体、どこへいけばまちの情報があるのか、よく分かんない・・・」

そんな、情報難民代表のこりんちゃんの心の声、

「う~ん、もっと市民目線で使いやすい、まちの情報が手っ取り早く1冊にまとまったガイドブックってないのかなぁ。ついでに、クーポンとかプレゼントとかのお楽しみがついていて、お得なサービスがあると、もっともっと嬉しいのに♪」

を実現したのが、岡崎康生エリア周辺の情報ガイドブック「corin」なのです^^

BestMe_20160825195824

どんな内容かは、今後くわしくブログでも書いていきますが、以下のような構成になっています。

◆まち歩きマップ(見開き2ページ)

◆まちのさまざまな魅力を伝える特集記事

◆まちで開催されるイベント情報(8~11月分)

◆ジャンル別まちの店舗情報(クーポン付き)

◆豪華景品付き、まちのスタンプラリー

最新のまちづくり岡崎のニュースレター「machi NOTE」では、corinの内容を特集していますので、こちらをご覧いただけると分かりやすいかもしれません。

1 4

2 3

(ニュースレター「machi NOTE」 ⇒最新号はこちらから読めます)

【corin誕生秘話】どうやって、まちの情報ガイドは生まれたの?

実はcorinは、ニュースレター「machi NOTE」の進化版とも言える存在です。

まち会社で行われるさまざまな活動を、多くの人に知ってもらおうと、まちづくり岡崎ではH27年にニュースレターを作り届ける、情報発信事業をスタートしました。

康生エリアニュース15.1(写真)

(はじめて作ったニュースレター「康生エリアニュース」。マチノートの前身です。妙な隙間が空いています笑)

A4二つ折り、両面カラー、当初は80部からのスタートでした。

この頃、パワーポイントの使い方が良くわからず、散々な出来栄えで、涙を呑んで刷っていた悲しい歴史があります(笑)

 

H26年に私がまちづくりの世界へ飛び込んだ頃、(株)まちづくり岡崎は設立1年を経過した所でした。

しかし、おこなった活動の情報がほとんどが周囲に届いておらず、まち会社という立場上、周囲の理解を得られない状態では活動を続けることも容易ではありませんでした。

そんな中、まち会社のメンバーである、スギウラメガネの杉浦文子さんの決意に後押しされたのが、このニュースレターによる情報発信事業でした。株主となってくれているまちの商店に対して、一店舗一店舗、歩いて情報を届ける活動をスタートし、また市民には、町内の回覧板やマンションへのポスティングによって、1年かけて、少しずつ配布先を拡大していきました。

IMAG2946IMAG2936

マチノートを作る中で、私の頭の片隅にはいつも〝一つの疑問″がありました。

「このニュースレターでは、まちの情報を届けるには全然足りない。まち会社の理解を得るためではなく、実際にまちへ足を運んでもらうための情報というのは、どんな物なんだろう・・・」

私が岡崎へ引っ越してきたのは、H26年、まち会社に転職したタイミングです。

これから街の活性化のサポートを行うということで、いろんなまちの情報を集めようと思ったのですが、どこに何があるのかが全くのチンプンカンプン・・・。自分の情報収集能力の低さにほとほと嫌気がさしましたが、おかげで、市民が欲しがる「このエリアの情報」が一括集約されておらず、また、自分のように情報収集が苦手な多くの一般市民にとっては、このまちの全体像となるような情報が届いていないのでは、と思い至りました。

31e9a447886ccbe0573dd698fb1149d4

一つ一つ丁寧に見ていけば、イベント・催し物も多く、たくさんのお店が存在する専門店街で、活動的かつ、やる気のある店主さんが満ち溢れているはずのこの街は、残念なことに、市民の間に『すりガラス』を挟んだかのように、ぼんやりと真の姿が覆い隠されたまま、なんとなく「さびれたまち」というレッテルを貼るひとが多いように感じました。

【徹底的に☞市民目線】ズボラな人間が考えた、とことん楽な情報ガイド

BestMe_20160825195731

自分を含め、普通に生活している市民にとって、情報源というのは非常に限定されています。

市政だより、三河全域のクーポン冊子、ネットのグルメサイト、あとは身近なグループからの口コミやSNS情報・・・

ごはん、お買い物、イベント、お得なサービスなどの情報を、その都度どこかから引っ張ってくる手間がかかります。

(以下、こりんちゃんの心の声)

一つ一つの情報をとってくるのは面倒くさい。ぜ~んぶ、どこかに一つにまとまっていて、ゴロゴロと布団に転がりながら、まちの情報を眺めたい。いちいち、イベントのチラシを取ってくるのが面倒くさい、数ヶ月分まとまっていたらいいのに。面白そうなイベントがあるなら、ついでにその近くにどんなご飯やさんがあるのかも知っておきたい。疲れるから探すために歩き回りたくない。もしクーポンとかあって、お得にお店を利用できるなら、それも持っておきたい。まず、なにより、方向音痴なので、分かりやすいマップがないと、まちへくり出せない・・・

・・・こうしてみると、「よし!外に出てみよう!」と思う気持ち引き止める、様々な要素があるようです。

人の行動をONにするためには、心の天秤が (好奇心)>(面倒くさい) に傾くような一押しが必要なのかもしれません。

「まちへ出向く ⇒ まちを歩く ⇒ イベントをのぞく ⇒ お買い物をする」

集客・回遊・消費の様々なシーンで、その人の行動をポンッと後押ししてくれるのは、やっぱり情報です。

では、足を引っ張る「めんどくさい」を出来る限り取り除き、足を伸ばしたくなる「面白そう」が散りばめられた情報が、もしも1冊にまとまっていたならば・・・。

どちらかというと情報を集めるのが苦手な自分でも、「これならまちへ行ってみようかな~」と思えるモノを作れたならば、きっと他の市民にとっても便利なガイドブックになるに違いない。

そうやってcorinは、市民のかゆいところに手が届くよう便利を追求し、実は活力あふれる「本当のまちの姿」を市民のみなさんにお届けすべく、誕生しました。

corinは、今後、まちのお店や市民のみなさんと一緒に作り上げるまち情報ガイドにしていきたいと思っています。

BestMe_20160816124249

 

(corin掲載店舗 ラグスローさんのランチ。スタンプラリーも実施中)

まずは、一度手に取って見てください。

「まちには、大きいものから小さいものまで、わくわくするようなイベントがたくさんあるんだね!」

「まちには、グルメ・ファッション・ライフ・スイーツ・サービスなど、色んなお店が集まってるんだ♪」

「まちには、お店のクーポンやスタンプラリーの豪華プレゼントなど、たくさんおもてなししてもらえるんだ!」

「まちには駐車場もあるし、お店やイベントの場所が一目瞭然のマップが付いてるから安心だね♪」

「このまちって、本当はとってもオモシロそう!!」

市民の皆さんから、そんな声が聞こえてくると嬉しいです^^

okazaki52

せっかくまちへ行くのなら、「おトクにたっぷり遊びたい♪」

おトクにあそぶまちガイドを手に入れたこりんちゃんは、   ようやく重い腰が上がったみたい(笑)

さあ、みなさんも一度、まちへくり出してみませんか?

【corin設置・配布場所】 ※みどりや1Fでは、確実に手に入ります!
各corin掲載店/市内マンション一部/岡崎信用金庫(対象エリア内)/岡崎市観光案内所(東岡崎駅内)/岡崎公園岡崎市役所/りぶら/名鉄まちバス内/近隣オフィス/シビコ/トリエンナーレビジターセンター(シビコ内)

※「岡崎てらこや商店街公式HP」にも、corinの情報が載っています!

 

次の記事⇒【corin制作現場】ド素人3人で完成させた、まち情報ガイドの作り方 [デザイン編]